アグリライフ・スクール



暮らしの野菜づくり教室。
アグリライフ・スクール、2010年春、始まります。

日々の暮らしのなかで、
種をまき、成長を見つめ、共に収穫を祝う。
無農薬・無化学肥料で育てるってどういうこと?

いつか始める畑のために、土のこと、種のこと、
暮らしと土との関わりを、今年しっかり基礎を学ぶ。
春・夏野菜コース(4月〜8月)と秋・冬野菜コース(8月〜12月)、
まずは春・夏コースからの募集受付を開始いたします。

※秋・冬野菜コースは6月頃に募集受付いたします。

アグリライフ・スクール 募集要項


●日程 (春・夏コース)平成22年4月〜平成22年8月
座学+実習日:4月11日(日)、5月9日(日)、6月13日(日)、7月11日(日)、8月8日(日)
各回とも午前9時〜12時
この日程に加え、自主的な作業日、収穫可能日を設けます。
(雨天時、また諸事情により変更有り)

●対象者
野菜つくりを始めたい方。
新鮮とれたて野菜を日々の料理に取り入れたい方。
将来、貸し農園や市民農園でしっかり収穫できる基本技術を身につけたい方。

●定員 先着30名
※原則お一人様ずつのお申し込みになりますので、ご友人と一緒にお一人分の申し込みはできません。ご家族に限りパートナーやお子様での参加が可能です。

●耕作面積 お一人様あたり約3坪の面積。
各区画毎に独立せず、参加者同士で同じ種類の作物を協力して栽培します。

●受講料
お一人様 3,900円/月 (NPO法人SCCJ個人会員はお一人2,500円/月)
※お支払いは4〜8月分一括料金(19,500円(税込))となります。
※受講料には講義料の他、テキスト代、資材代、種苗代、肥料代、道具使用料、管理代、お持ち帰り野菜代など、野菜づくりに必要な費用がほぼ含まれます。

●ご用意いただくもの
筆記具、長靴、汚れてもよい服装、軍手、タオル、ビニール袋、飲み物、帽子、保険証(万が一お怪我をされた時に必要です。)

●お申し込み方法
こちらの申し込みフォームよりお申込みください。

●場所・アクセス
開催場所:京都市左京区岩倉の畑
参加申し込みされた方に詳しい地図をお知らせいたします。

◇電車を利用する場合
 1.叡山電鉄 八幡前駅下車(乗車時間約12分)駅から徒歩15分
◇バスを利用する場合
 1.京阪出町柳駅前→京都バス(21・41・43系統で約15分)→最寄りの停留所(花園町)から徒歩約5分
 2.地下鉄北大路駅前→京都バス(45・46系統で約25分)→最寄りの停留所(花園町)から徒歩約5分 

【ご参考:電車・バス時刻表】
• 叡山電鉄時刻表(PDF)
 1.出町柳駅 : http://www.keihannet.ne.jp/eiden/densya/daiya/time009/e01-009-1.pdf
 2.八幡前駅 : http://www.keihannet.ne.jp/eiden/densya/daiya/time009/e09-009-2_.pdf
• 京阪バス時刻表
 1.出町柳駅前 : http://www.kyotobus.jp/rosen/demachiyanagiekimae/index.html
 2.北大路駅前 : http://www.kyotobus.jp/rosen/kitaojiekimae/index.html
 3.花園町 : http://www.kyotobus.jp/rosen/hanazonocho/index.html

※ 周辺に駐車スペースはございませんので、公共交通機関をご利用ください。

●カリキュラム
毎月第2日曜日の午前9時〜12時に開催する座学と体験実習。
以下の日程のほか、自主的な作業日、状況に応じた収穫可能日を設定します。

1.春夏野菜(露地・基本)コース(4・5・6・7・8月)
★4月11日(日):9時〜12時
(座学)今月の作物栽培のポイント、「土の役割。苗作り&よい苗を選ぼう!」
(体験)キュウリ、トウモロコシ、プチトマト、ニガウリ、シソの種蒔き、苗作り、支柱立てなど

★5月9日(日):9時〜12時
(座学)今月の作物栽培のポイント、「苗の植え付けをマスターしよう!」
(体験)ナス苗、トマト苗、プチトマト苗、ピーマン苗、シシトウ苗、ニガウリ苗の定植、オクラの種蒔き、追肥、除草、自然農薬作りなど

★6月13日(日):9時〜12時
(座学)今月の作物栽培のポイント、「収穫時期の見極め方を学ぶ」
(体験)ニンジン種まき、オクラ苗の定植、追肥、水やり、収穫、除草など

★7月11日(日):9時〜12時
(座学)今月の作物栽培のポイント「収穫物を日々の料理に取り入れる&堆肥づくり」
(体験)収穫、除草、水やり、堆肥作りなど

★8月8日(日):9時〜12時
(座学)今月の作物栽培のポイント、「タネ取り&干し野菜&ピクルスを楽しむ」。
(体験)収穫、除草、家庭のコンポスト作り

※プログラムスケジュールは変更となる場合がございます。

●一日のスケジュール例
9:00〜10:00
 ・本日行なう作業内容のポイント説明
10:00〜正午
 ・作業
正午 昼食(お弁当は各自持参。または予約購入。できるだけ畑で青空のもと食べます)
解散

●生ごみコンポストし隊!(仮称)企画


アグリライフ・スクールでは、参加される方々の暮らしと畑をより身近に、
循環型社会作りを目指すために、日々の生ごみを堆肥化(コンポスト化)し、
畑の土づくりに生かす試みを実施します。
本格的な土づくりを、実践を通して学ぶことができます。
参加ご希望のかたは、申込時に参加にチェックをしてください。
参加に必要なものは、ご自宅に大きめのバケツを二つご用意頂くのみです。


ご留意いただくこと


•アグリライフ・スクールは、農業未経験者、初心者の方にレベルを合わせておりますことをご了承ください。
•アグリライフ・スクールでは事前にお知らせしたスケジュールに沿って開催いたしますが、天候等の影響で予定通りに作業できない場合もございますことをご了承ください。
•収穫時期には皆さんが育てた野菜をお持ち帰りいただけますが、天候不良や虫害、獣害、病気のため収穫まで至らない可能性もありますことをご了承ください。
•アグリライフ・スクールは、大勢の受講生との共同作業になります。また、本スクールは農家さんのご協力により成り立っており、畑の周囲には他の農家さんの畑や民家があります。全体の運営を乱す行為、他の受講生や近隣の農家さん、ご近所に迷惑をかけるような行為をされた場合、参加をご遠慮いただくことがございます。

以 上



過去の開催分



プレ・アグリライフ・スクールdaizu091220

現在静原で取り組んでいる、
大豆レボリューションも収穫を終え、
味噌作りに向けて次は脱穀へとコマを進めています。

12月20日(日)に、
静原で大豆の収穫&選別と、午前中には『私の畑の見つけ方』(空庭編)を、一般の方でも参加できる内容として開催いたします。

大阪で週末農業やグループによる畑活動、そしてビルの屋上やベランダ菜園を
手がけている空庭さん(山内さん)。
具体的な、プランターや庭先での栽培ポイントや土の入れ替え方法など、
ワークショップ形式でお届けします。


★★「大豆の脱穀・選別」同時開催★★
〜 2009年最後の農ある一日 〜
空庭さんを迎えた『私の畑の見つけ方』も同時開催。

●とき:2009年12月20日(日)10:30〜16:30
●場所:CAFE MILLET(京都市左京区静市静原町1118)
●参加費:1,000円(大豆レボ・マイ小麦参加者無料)
●ランチ:1,000円/人(子供半額 / 幼児無料/ 収穫お祝いランチ)
●定員:30名
●持ち物:軍手
●お申し込み: sumioka@agri-life.net まで、
お名前、人数、お越しのアクセス方法をお知らせください。
※行きのバスは京都バス34番系統出町柳駅前9:20発の便で間に合います。
※帰りのバスは17時12分の便に間に合います。

●タイムテーブル
10:30-12:00
プレ・アグリライフ・スクール
『私の畑の見つけ方』(空庭編)
まちなかに住みながら、農ある暮らしを始めるワークショップ。大阪での
週末畑や援農情報、ベランダで・屋上で菜園を持つためのコツを、大阪から
空庭さんをお招きして学びます。

12:00-12:30
農のある暮らしのドキュメンタリー映像を観ます。

12:30〜13:30
収穫お祝いお昼ごはん

13:30-16:30
大豆の脱穀&選別!!
収穫の最後の作業、脱穀。乾燥させた大豆のさやを、
みんなで力をあわせて脱穀し、交流しながら選別です。

プレ・アグリライフ・スクール
〜農ある暮らしの実践教室〜
『私の畑の見つけ方』

・日時:2009年11月27日(金)19:00〜20:30(開場18:30)
・会場:ひと・まち交流館京都 2階第2会議室
・住所:〒600-8127京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1(河原町五条下る東側)
・アクセス・地図:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 <バス>市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車すぐ
 <電車>京阪電車「清水五条」下車徒歩8分
     地下鉄烏丸線「五条」下車徒歩10分
 <お車>立体駐車場 最初の1時間400円、以後30分ごとに200円
 ※できるだけ公共交通機関をご利用ください。

・内容
 日々実践することのできる畑の探し方、見つけ方、選び方のポイントを
 お伝えします。京都での具体的な栽培可能な場所のご案内や、畑が身近に
 ある地域なども。
・案内役 隅岡敦史
・定員:先着30名
・参加費:一般1,000円(大豆レボリューション参加者、マイ小麦プロジェ
クト参加者、NPO法人SCCJ会員は無料)






サイト名: アグリライフ   http://agri-life.net
この記事のURL:   http://agri-life.net/modules/kikaku02/index.php?id=10